海外派遣者健診について(一般財団法人順天厚生事業団)

働く人の健康づくりを
支援する総合健診機関

海外派遣労働者健診

海外派遣労働者健診とは

労働者を6か月以上海外に派遣しようとするときは、あらかじめ法律で定められた検査項目で、医師による健康診断を行わなければなりません。また、6か月以上海外勤務した労働者を帰国させ、国内の業務に就かせるときも、健康診断を行わなければなりません。

検査内容

項目 内容
身体測定 身長・体重・BIM・腹囲・視力・聴力検査(1000Hz・4000Hz)
尿検査 糖・蛋白・潜血
循環器検査 心電図
貧血検査 赤血球数・血色素量(ヘモグロビン)・ヘマトクリット値・白血球数
脂質検査HDLコレステロール・LDLコレステロール・総コレステロール・中性脂肪
肝機能検査 AST・ALT・γ-GTP
血糖検査 血糖値
胸部X線検査 胸部X線デジタル撮影
※上記検査項目の中で、尿検査(潜血)、血液検査(白血球数・ヘマトクリット値・総コレステロール)は現在法定項目ではありませんが、推奨項目ですので基本的には実施しております。

医師が必要を認めた場合に行う検査項目

追加項目 内容
胃部検査 胃部X線撮影(デジタル撮影・間接撮影)
腹部超音波検査 胆のう・肝臓・腎臓・脾臓・膵臓の検査
痛風 尿酸(UA)
肝炎 B型肝炎抗体検査
血液型検査 ABO式およびRh式の血液型検査
※派遣前に限る
糞便塗抹検査 虫卵検査(集卵法・塗抹検査)
※帰国時に限る